家電・日用雑貨・自動車用品通販|フォレストカートオンラインショップ

ドライブレコーダー用 車用 バックアップ電源 UPS アイドリングストップ バッテリー上がり 駐車監視 無停電電源装置 DRB-24A メーカー直送 1年保証

独自商品コード:drb-24a

34,800(税込)

0ポイント付与

数量:

この商品について問い合わせる

商品詳細





ドラレコの有効活用は駐車監視機能
走行中の事故画像を録画するドライブレコーダーですが、現実的に事故に会う確率は少なく、ドライブレコーダーが役に立つことは滅多にありません。

むしろ、当て逃げ、いたずら、防犯等、走行中より駐車しているときの方が脅威が多いのが現実で、駐車中のドライブレコーダー映像の方が役に立つ場合が多いです。


そこで注目されているのがドライブレコーダーの駐車監視機能です。

大変便利な機能ですが、駐車監視ができるドライブレコーダーの電源の取り方は駐車中でも電源が生きているバッテリー直結になります。


この接続方法はバッテリーに負荷を与え、バッテリーの早期劣化、最悪バッテリー上がりの原因になります。



バッテリーが上がらない原理
ドライブレコーダー用バックアップ電源を使うとバッテリーに負荷をかけない!

その原理は簡単!

本来ドライブレコーダーと車両がつながる電源ケーブルの間にバックアップ電源を挟むだけ。

走行中に充電してエンジンを切ると蓄電した電力でドライブレコーダーを動かします。
一瞬たりとも電力が落ちない
「無停電電源装置」

ドライブレコーダー用バックアップ電源はいわゆる「無停電電源装置」と言われるジャンルの電力源です。

走行後、エンジンを切った瞬間にバックアップバッテリーに切りかわりますが、その切り替わりの際には一瞬たりとも電圧が落ちることはありません。


単なるポータブル電源ではなく「無停電電源装置」であることがバックアップ電源の特長。

これを可能にするのが安定した電圧を供給する出力チップ。


重要なパーツであるため、耐熱150℃、温度管理機能を内蔵しています。

ポータブル電源をドライブレコーダー用に使用する方もいらっしゃいますが、性能と品質が全く異なります。


駐車監視の配線が苦手な方
ドライブレコーダーの駐車監視機能は配線が複雑で面倒というイメージがあります。事実、簡単な接続はシガーソケットですが、駐車監視機能を使うと車両への直接配線が必要になります。

この配線が面倒で駐車監視機能を使わない方もいるのが事実です。

ドライブレコーダー用バックアップ電源DRB-24Aを使うと複雑な駐車監視の配線がドライバー1本で解決できます。


配線1)
ドライブレコーダーの駐車監視ケーブル(赤、黄、黒の3線)を用意。
DRA-24Aにプラスドライバーを使ってケーブルをネジで止める

配線2)
DRA-24Aと車を付属のシガーソケットで車と接続する。


車両への配慮
ドライブレコーダー用バックアップ電源は車両のことを一番に考えた製品企画です。

走行中に充電するDRA-24Aですが、走行中とは言え大きな電力を使用して本機器を充電すると少なからず車への影響があります。

シガーソケットから大きな電力を使用すると、燃費の悪化、車両内部配線の発熱、発電機への影響、最終的には車両搭載バッテリーにまで影響を与えます。

シガーソケットだって大きい電力を流すと破損します。
時々使う車両機器と違い、ドライブレコーダーとバックアップ電源は常時使用する機器になります。

シガーソケットにおける安全で必要最小限の電力は12v2.5Aであると独自の経験と調査で結論つけ、本製品の充電電流を低めに設定しております。

車両を守るためのバックアップ電源で車両に影響を与えるのは本末転倒。

あらゆるテスト繰り返した結果の設計企画です。

しかし、これにはデメリットが生じます。
充電時間が長くなり、走行距離が短い方では十分に充電がされないという欠点があります。
それを補うため、家庭用100Vで充電できる専用ACアダプターを用意しました。

走行距離が短い方は専用ACアダプターをご利用ください。

12V車から24V車まで使用可能
車両バッテリーは乗用車は12v、トラックなどは24vになっています。
DRB-24Aは12v車でも24v車でも両方使用できます。
シガーソケットからの入力電圧が12v前後であれば12v車として認識
入力電圧が24v前後であれば24v車としてDRB-24Aが認識します。
認識範囲以外は本機器は停止状態になる安全設計です。

安全設計
バッテリーを車両に放置して大丈夫なのか?
心配が尽きないリチウム電池ですが、対策は十分です。
リチウムイオン電池は引火性物質で危険であることは周知のこと。

DRB-24Aの安全対策は…
◆トラブルが起きないための対策

・バッテリーが発熱しないための設計
【対策】過放電、過充電、充電管理


・バッテリーに負荷をかけない設計
【対策】外傷からバッテリーを守り、液漏れ対策の強固な円柱タイプの特注組電池
・バッテリーに引火しない設計
【対策】着火の可能性がある電子基板を分離して配置


◆万が一起きてしまった事故に対する対策

・バッテリーが発熱して液漏れした場合。
【対策】着火性の基盤を分離して配置し、引火性液がケース外へ流れ出る構造


・異常に高温になった環境の場合。
【対策】電子回路は100℃を超えても動作するパーツを使用。
高温化で使用でき、保護回路も高温でも稼働するように配慮。
さらに高温になると動作を停止する安全対策パーツを使用。


・車が大破するほどの事故があった場合。
【対策】ポリカーボネート性のボディで強い衝撃に対してもケースが破損しない素材を使用して成形
あらゆることを想定しての対策を講じたDRB-24Aバックアップ電源です。

バッテリー増設と重箱スタイル
DRB-24Aは2台連結できる仕様になっています。
本体付属の専用ケーブルで2台を接続するとバッテリー容量が2倍になります。
1台ではバックアップ時間が短いと感じた場合に2台連結して使っていただけます。
本体は2台重なる形状になっています。


対応ドライブレコーダー
車両で動作するドライブレコーダーは原理上使用は可能です。
ドライブレコーダーの配線タイプがケーブルで配線する駐車監視用ケーブルはそのままご利用できます。
ドライブレコーダーがシガーソケットで配線するタイプは別売りのシガーメスソケットをご利用ください。
使用可能な電力は2A 24Wまでご利用が可能です。

短時間であれば2Aを超えて動作します。
使用方法
1.ドライブレコーダーの配線タイプを確認してください。

1)シガーソケットで接続するタイプのドライブレコーダーは別途シガーメスソケットが必要です。
2)駐車監視機能専用の3本配線の場合はそのまま接続できます。

2.ドライブレコーダーとDRB-24Aの接続
本機器の端子台に3本の配線をネジで固定します。


3.DRB-24Aと車両の接続
本機器付属のシガーソケットケーブルを車のシガーソケットへ差し込む

4.DRB-24Aの配置場所
本機器は運転の妨げにならない場所に設置してください。
理想は助手席シート下です。


※熱対策があるとは言え、バッテリー効率や劣化、安全性を考慮して、ダッシュボードやリアウインド下は高熱になるので設置しないでください。

最後にケーブル類を運転の妨げにならないようフロアカーペットの下に這わすなど整理してまとまて下さい。



製品名:ドライブレコーダー用無停電電源装置/バックアップ電源

型番:DRB-24A

バッテリー:リチウムイオン電池(組電池)

内蔵バッテリー:11.1V 10400mA/h

入力電圧:11.5V~19.0V / 21.1V~28.0V

出力電圧:10.7V~12.6V 2A

USB:電源のみ 5V/2A

バックアップ時間の目安
500mA前後のドライブレコーダーで約24時間
(ドライブレコーダーの動作、設定により変化します。)

充電時間
電圧13V基準で約4時間
(車両電圧により変化)
製品保証:1年